縄文時代後期初頭
 称名寺(しょうみょうじ)式土器
三鷹市滝坂遺跡出土
口径20.5cm 現存高21.5cm 


★関東地方一円に広い分布圏をもつ型式です。隆帯文は使用されず、沈線区画と縄文によってモチーフが描かれます。写真の土器は、地文に縄文が配されないスペースに列点文が描かれています。
縄文時代後期初葉
 堀之内(ほりのうち)式土器
三鷹市出山遺跡出土
最大径35cm 器高30.5cm 


★かつて薄手式とよばれた、薄く精緻なつくりの土器です。写真の土器は3単位の大きな波状口縁で、上から見ると三角形を呈します。
縄文時代後期中葉
 加曽利B(かそりびー)式土器
三鷹市丸山A遺跡出土

★千葉県加曽利貝塚を標識遺跡とします。B地点で主に出土したためこの名が付けられています。写真は丸山A遺跡で土坑墓から出土した、小型土器です。

草創期・早期・前期・後期編

特集! みたかの縄文土器

企画展示室トップへ戻る
常設展示室
トップページ
三鷹市生涯学習課分室
情報検索室
速報展示室
企画展示室
特別展示室
・指定文化財
公開施設情報室
講座研修室
リンク