縄文時代草創期
 隆起線文(りゅうきせんもん)系土器
三鷹市井の頭池遺跡群A出土
文献:2000『三鷹市史補・資料編』

★井の頭池の、最も奥にある湧水地点を取り囲む台地の上で出土しています。
縄文時代早期前半
 撚糸文(よりいともん)系土器
三鷹市井の頭池遺跡群B出土

★口縁部は厚く、底部は尖底もしくは丸底形になります。地文が撚糸文のものと、縄文タイプのものの2種が同時存在していたようです。写真は最も古い段階に属する井草式とよばれる土器です。
縄文時代早期後半
 条痕文(じょうこんもん)系土器
三鷹市井の頭池遺跡群A出土

★貝殻の縁で器面を調整した痕跡が残されている土器の総称です。底部は尖底になるものが多いようです。写真は住居跡覆土中の一括資料です。

特集! みたかの縄文土器

企画展示室トップへ戻る

草創期・早期・前期・後期編

常設展示室
トップページ
三鷹市生涯学習課分室
情報検索室
速報展示室
企画展示室
特別展示室
・指定文化財
公開施設情報室
講座研修室
リンク