常設展示室
トップページ
「夏休みに縄文土器を作った」へ戻る
三鷹市生涯学習課分室
情報検索室
速報展示室
企画展示室
特別展示室
・指定文化財
公開施設情報室
講座研修室
リンク

 2階の会場は、想像していたよりも広くて、展示品にはスポットライトがあたっていて、市役所じゃないみたいでした。


ぼく: あ、あれだ!
 : おお、しっかり焼けてる。
ぼく: 焼くと感じかわるねー。なんか、かっこいい・・・。
 : こわれなくて良かったな!

 カンゲキのひとときです・・・。

ぼく: ・・・でも、いっぱいあるなあ。
 : 参加希望者が多すぎて、回数を増やしたって言ってたね。
ぼく: みんな上手だねえ。
 : うん、けっこうやるな。
ぼく: 把手(とって)を付けたひとも多いね。
 : ああ、土器に刻んだ模様もあるけど、貼り付けた模様が多いみたいだね。立体的で、おもしろいな。
ぼく: ハート形や星や・・・、あ、大きなリボンもある。・・・女の子はていねいに作るなあ。
 : 男の子も健闘してるよ。・・・もちろんお前のも、なかなかだな。
ぼく: お父さんのも、なかなかだよ!

 ぼくたちの作品がどれかって?・・・それはヒミツです!
 (ヒント 「なかなか」なヤツ)

 : 会場は2階だな。

 土器作りの日にも飾ってあった土偶(どぐう)の大きなパネルに案内されて、2階の会場に向かおうとした時、

ぼく: あ、お父さん、あそこに!

 1階ロビーのガラスケースの中にも、土器作り教室の作品が飾られていました。

 三鷹の縄文遺跡展2006 「縄文を見る・測る・作る」は、今日から始まります。ぼくたちが作った土器も、会場に展示されます。展示タイトルの中の「作る」のパートに、ぼくたちも参加したってことですね。
 初日の、しかも開始時間ぴったりに行っちゃうっていうのは、なんかちょっと男としてカッコ悪いような気もしたけど・・・、でも、ぼくたちは待ちきれなくって、9時には市役所に着いていました。

8 展示会デビュー!

9 本物ってすごい