常設展示室
トップページ
速報展示室トップへ戻る

速報展示室

遺跡の小展示コーナーを3箇所で設置しています
       「ユニット」型で巡回展を行います
「ユニット」とは何か
 関東ローム層(赤土)中から発見される旧石器時代の作業場、例えば石器製作の場などに対して、そのひとまとまりの状態・現象を「石器集中部」、その遺構の機能を探る概念として「ユニット」という用語が使われます。ひとつひとつの「ユニット」の機能や性格を把握し、遺跡全体のあり方や、この時期の人間行動を復元していこうとするものです。 

巡回展示と小テーマ
 今回、この考え方をもとに、今後の一連の展示計画に生かそうというものです。
 つまり、これまでの市内の発掘調査の資料を使用しながら、色々な切り口でテ−マ設定をしていくもので、1テーマを「ユニット」としてとらえた完結型ですが、同時に展示しているやはり1テーマ・ユニット型展示とも関連しますし、今後に展示替していくテーマとも関連していきます。
 こうして、小テーマを積み重ねていったときに、三鷹の遺跡、歴史が見えてくることに期待する、というものです。
【今回の構成】(展示場所/テーマ名)
(1) 三鷹市教育センター2階ロビー 「縄文時代の石の道具」
(2) 三鷹市教育センター3階ロビー 「縄文時代の装飾」
(3) 三鷹市遺跡調査会事務所展示室 「速報展・天文台構内遺跡第23次調査」
※いずれも平成15年9月末まで開催予定。
※展示コーナーには、「解説シート」を用意しています。
 【場所/見学できる時間など/お問い合わせ】
 三鷹市教育センター 午前8時30分〜午後5時
       (рO422−45−1151 生涯学習課・内線3315)
三鷹市生涯学習課分室
情報検索室
速報展示室
企画展示室
特別展示室
・指定文化財
公開施設情報室
講座研修室
リンク