常設展示室
トップページ
速報展示室トップへ戻る

速報展示室

  今年も三鷹商工会主催のみたか商工まつりが開催されます。
 今年の遺跡調査会参加企画は、市内出土の縄文土器を時期を追って展示する「縄文土器の時間」です。1万年もの長きに亘って続いた縄文時代と、その中でごく短期間に使われ、その後私たちが発掘するまでずっと土中に眠っていた縄文土器。日頃のあわただしさを忘れて、しばしそのゆったりとした時間に思いを馳せてみませんか。
 併設の体験コーナーは拓本教室です。本物の縄文土器を使って、文様を写し取ってみましょう。小さいお子さんでも大丈夫。取った拓本は、パウチしてお持ち帰りいただけます(参加は無料です)。
 この夏が終わる頃には、浜辺で拾った貝殻も、北海道で買った木彫りのクマも、見るもの全て拓本に取りたいあなたがいるはず。
 夏こそ拓本!
 ご参加をお待ちしています。

会場:三鷹市公会堂別館1階
日時:2005年7月16日(土) 午後1:00〜午後8:00
        7月17日(日) 午後1:00〜午後6:00

みたか商工まつり
  三鷹の遺跡展\   
 「縄文土器の時間〜いろいろな縄文土器と拓本教室〜」

三鷹市生涯学習課分室
情報検索室
速報展示室
企画展示室
特別展示室
・指定文化財
公開施設情報室
講座研修室
リンク

(丸山B遺跡出土 縄文時代後期)

好評のうちに終了いたしました。