トップページ
 
常設展示室
特別展示室
・指定文化財
企画展示室
速報展示室
情報検索室
講座研修室
公開施設情報室
三鷹市生涯学習課分室
 
リンク
情報検索室トップへ戻る
刊行報告書案内No.7

三鷹市埋蔵文化財調査報告第29集

武蔵野の森公園整備工事に伴う
埋蔵文化財試掘調査

(むさしののもりこうえんせいびこうじにともなう
まいぞうぶんかざいしくつちょうさ)

発行
年月日
平成17(2005)年11月30日
発行者 東京都建設局西部公園緑地事務所
三鷹市教育委員会
三鷹市遺跡調査会
規格 A4版・48頁 CD-ROM(PDF版)添付
遺跡所
在地
東京都三鷹市大沢六丁目地内
調査事由 東京都建設局による公園整備工事
発掘調査
期間
平成17年7月〜平成17年8月
主な遺構
(遺物)
縄文
(以降)
土坑(陥し穴)・ピット・性格不明落ち込み

カワラケ、人形土製品、煉瓦片

[本書の要約・見所]
 武蔵野台地において、調査対象地の位置する立川段丘面で見られる「連続する凹地地形」や「埋没谷」は、古多摩川の複雑な流路の痕跡と考えられています。今回の発掘調査では対象地の南端部に埋没谷の一部が確認されました。それはかつて府中市の浅間山から野川本流に至るまで流れていたとされる「野水川」の一部と考えられます。発掘調査では周辺の地形分析や、10箇所の調査トレンチで得た土層データ等を基に、周辺の礫層上面の傾斜や、埋没谷の底に堆積する土壌の状況を解析することで、一帯の微地形について検討しました。
 また、調査対象地内には東西方向に一直線に設置されたコンクリート製の溝状の構造物が発見されました。対象地は調布飛行場に隣接し、かつては一帯に旧日本軍の施設が配置されていた場所で、現在でも掩体壕2基が残存しています。コンクリート構造物は敷地内の古井戸から延びていて、当時の兵舎等への給水管埋設跡ではないかと思われます。この遺構についても写真、図版で紹介しています。

[閲覧情報]
国立国会図書館・都道府県立図書館・都内公立博物館・三鷹市内公立図書館及びコミュ二ティセンター等に配布しています。閲覧については最寄の図書館等にお尋ねください。

[問い合わせ]
三鷹市生涯学習課分室 Tel:0422-48-9454
                 メールアドレス:office@mitaka-iseki.jp

   トレンチ(15区)壁断面                        コンクリート構造物